オルニチン チーズ

オルニチンってチーズに大量?

チーズ

 

オルチニンが多く含まれている食品をチェック!

 

オルニチンは二日酔いの予防や改善に効果を発揮することは知られていますが、
二日酔いだけではなく疲労回復や美肌にも効果が期待できるのです。

 

有害なアンモニアを無害な尿素にし、肝臓の働きを助け、
肝臓でのタンパク質合成を高める働きなどで人の体には必要な働きをするのです。

 

オルニチンが多く含まれる食品はしじみです。

 

体内に毎日摂取したい量は400mg?1000mg程度で、
しじみは100gに10?15mg含まれていて、100gは約35個です。

 

次に多く含まれる食品はまぐろです。
まぐろには100g2.0?7.0mg含まれ、赤身のマグロで7?8切れ程度です。

 

チーズにもオルニチンは含まれています。
チーズに含まれるオルニチンの量は一番多く含まれているしじみよりも少ないものの100gあたり0.7?0.8mg含まれています。

 

スライスチーズで100g摂るとすると5?6枚程度です。

 

 

サプリメントを活用しよう!

 

オルニチンは肝臓の働きを助け、有害なアンモニアを無害にし疲労を改善する働きも期待できます。

 

チーズやしじみなど食品から摂取することが望ましいですが、
毎日摂るには難しい場合が殆どなのでサプリメントで摂取すると良いです。

 

オルニチンは肝臓の機能を正常に維持するためにも必要な栄養素で、
不足するとアンモニアを無害にする働きが低下して体に有害なものが残ってしまうことになります。

 

肝臓は自覚症状があらわれにくい臓器でもあるため、症状が出てからでは取り返しがつかない疾患もあるため、
サプリメントを活用して継続して摂取することが大切です。